海外旅行遍歴など 3 ベトナム ホイアン

昔の海外旅行のことを書いたりしてましたが、よく考えたら直近から書いた方がいいかなと思いました

 

で、直近は6月の中旬にベトナムホイアンに2泊3日で行ってきました

JETSTARで関空を午前発でダナンに昼過ぎ着、帰りは14時頃発で22時前着の便、セールで往復14,000円ほどと格安でした。

 

f:id:peg-move:20180713035037j:plain

ホテルはエクスペディアで50%弱ディスカウントで2泊で1万円強、旧市街の外れの川沿い、まずまずのホテル、タクシーでの空港送迎をリクエストし片道1500円ほどでした。

帰りはシャトルバスで500円強。

最近はずぼらになってきて初めての都市では到着時に空港送迎を頼むようになってしまいました。

 

さてホイアン、あまり下調べせずに行った自分が悪いのですが、静かな小京都的な街イメージしていたのですが、大量の観光客、自分もその内の一人ですが、があふれて思惑が外れました。

 

街中には野良?放し飼い?の犬を多く見かけましたが、旧市街の中は車両通行禁止なので犬はすごしやすいんでしょうね。

 

「のんびり」を求めていくとがっかりすると思います

「アジア的喧噪」は終日味わえるのでそちらを求めてならダナンも含めてありかと思います。

 

f:id:peg-move:20180713035031j:plain

 

川沿いのナイトマーケット、その実態はといえば観光客向けのレストランがズラーっと並んでおり、風情があるといった感じでは無いです。

 

4年ほど前にアメリカの国立公園やニューヨーク、ペルーのマチュピチュでも感じたのですが、メジャーな観光地では中華系の観光客の方々の観光意欲の発露を感じずに済むのは困難だということ。

 

ましてや隣国のベトナムでは、ということだと思います。

f:id:peg-move:20180713035028j:plain

 

とはいえ、食事はそれなりに美味しいですし、カフェのベトナム式コーヒーも濃くて甘くて美味しい。

 

観光地なので英語はそこそこ通じるし店員さんもフレンドリーで感じは良かったです。

 

マッサージは日本に比べれば半額以下でとてもリラックスできます。

 

土産物屋でふっかけてくるのは閉口しますが、これはホイアンベトナムに限ったことではないので許容範囲かと。

 

長期旅行だとその辺はシビアにならざる得ないのですが、3日ほどの短期なら数十円、数百円くらいは誤差の範囲、他の日本人旅行者の方に影響はあるかもしれませんが

リラックスしにきてるのでその辺はカリカリしないようにしています

f:id:peg-move:20180713035034j:plain

 

で2度目はあるか? ノー、ホーチミンシティなど他の都市ならありかな

知人などに勧めるか? ノー、あまりにも人が多すぎ、ダナンもなんだかあか抜けない感じで、物価は高いけどタイの方がまだのんびりできるんじゃないかな?

 

 

海外旅行遍歴など 2

サンフランシスコ郊外に住む友人の家に行ってから4~5年後、おそらく25~6才

 

当時の勤務先の業界団体の「勉強会」旅行に行かせてもらいました

旅行費用は会社負担、社歴が一番長かったのでお声がかかったんだと思います

 

ニューヨークへ

 

1990年代初頭のアメリカはまだ経済が良くなくニューヨークの治安も悪かったと思います

着いた翌日だったでしょうか、自由時間に街をぶらぶらしてふらっと土産物屋に入りました

Tシャツを見てると店員が来て話しかけてきました、私は英語は全くしゃべれません

なんだか訳の分からないうちにTシャツにワッペンをプリントされ、手渡され代金を請求されました、200ドルくらいだったでしょうか

 

今ならそんな馬鹿なことに対処もできたと思うのですが、あのころは全くの臆病なおのぼりさんで何も言い返すことが出来ず怖くて代金を支払いました

 

結局その時の旅行の思い出はこの苦い経験だけ

 

こんな嫌な思い出のあるニューヨークですがその後に何度も行くことになるとは

不思議なもんです

 

ニューヨークの後、小型バスで移動し工場なんかを見学に行った記憶はあるのですが、どこの街なのかは全く覚えていません

 

最後の街はサンフランシスコ、まだ友人がいて学校に行っており、連絡を取るとホテルまで来てくれました

 

夕食を一緒に食べなんやかんやとしゃべったのですが、彼はなんだかアメリカにいる目的意識を見失ってるようだったのが印象的でした

 

自分も人のことをどうこう言えるような立派な人間ではないのですが

  

2回目の海外旅行もなんとなく行っただけ、後の人生に影響など何にもなかったですね

 

たぶん感受性が鈍いんだと思います

海外旅行遍歴など 1 1980年代後半 サンマテオ アメリカ

どうやら「海外旅行に行きたい病」にかかったようです

暇があれば世界一周、ヒマラヤトレッキング、中米、アフリカなどのキーワードで検索してばかりいます

 

現状で半年くらいなら行けないこともないのですが

一先ず今少し、少なくとも1年くらいは先にしたいかなと

 

暇つぶしにこれまでの海外旅行遍歴などを

 

初めての海外旅行は22才ころのことでしょうか、1980年代後半のことだと思います

アメリカ、サンフランシスコ

正確にはサンフランシスコ郊外のサンマテオという街

高校時代の友人が語学留学しておりそこへ泊めてもらいました

 

梅田の兎我野町にあったリクルート系の旅行会社で航空券を買ったのを覚えています

 

ただもう30年ほど前のことで何をしたのかあまり覚えていません

 

・先に日本から行っていた友人とレンタカーであちこちに行ってた時に駐車違反の切符を切られそうになったこと

・屋台で食べたハンバーガーが衝撃的に美味しかったこと

・サンフランシスコの街にホームレスがたくさんいたこと

・姉から土産に香水を買ってくるように頼まれたこと

 

期間は1週間から10日ほどだったでしょうか?

観光地巡りをするわけでもなくだらだらと過ごしただけのような気がします

友人がたまたまアメリカに住んでいたから行っただけ

 

友人たちがアメリカにいる友人の家に行った話を聞き、自分も行きたくなっただけなんでしょうね

 

その後数年間は海外旅行に行くことは無かったので、その時の旅行が後に自分に影響をあたえたということは無かったと思います

働きながらの旅行

働きながらの旅行となると期間の制限があるので、会社勤めだと長くても盆暮れの10日ほどではないでしょうか

 

一昨年の3か月ほどの南米旅行では会社勤めされていて1か月ほどの旅行をされてる方と出会いました

 

お一人は外資系で休暇が取れたとのこと

もうお一人は有名自動車メーカーで永年勤続のご褒美休暇とのこと

 

日本では特殊な部類ではないでしょうか

 

私は休みの振り替えは自由にできるのですが有給と組み合わせても10日ほどが限界のような気がします

 

働き始め1年強で海外旅行は6~7回

 

ベトナムが2回に台湾が4~5回で長くても5日、8月に予定しているタイも5日

 

f:id:peg-move:20180707211303j:plain

f:id:peg-move:20180707211300j:plain

f:id:peg-move:20180707211308j:plain

 

 

息抜きにはなりますがやはり短く物足りないです

 

なのでこれからどうしようか?と思案中で9月以降は旅行の予定はありません

 

ただ来年のGWは10連休、今の仕事は土日祝が休みでなく全くの迷惑なので、振休と有給で日を少しずらして10日前後休もうかと考えています

 

次の旅行はできれば1年ほど行きたい国、場所をゆっくりとまわりたいと考えています

 

予定は2020年末出発なのですが、少し頑張れば来年末にも貯まりそう

 

何れの時期に出発するか、今年中に結論を出さねばと考えています

 

 

 

 

 

クレジットカード

国内でのことですが先月に財布を落としてしまいました

 

中には現金、免許証、キャッシュカートの他持っているクレジットカード全て入れてました

 

現金は通帳と印鑑で銀行に行きだしましたが大変不便

 

ここで今更ながら学んだこと

 

クレジットカードは嬉しがって持っている全てを財布に入れず少なくとも1枚は自宅に保管しておく

 

そうしておけばキャッシングですぐに現金を出すことができる

 

 

旅行中、特に長期などではホテルや航空券でネット決済するカードは自宅に置いておくのが吉

 

実は財布を落として10日後にベトナム旅行に行くことが決まっていたので少し焦りました

 

一番早く再発行したのは楽天カード、恩義を感じ以前より少し使うようになりました

 

銀行のキャッシュカードは再発行に一番時間がかかり3週間ほど

 

 

 

 

次の旅について

昨年秋に3か月半の旅行から戻り早1年を過ぎました

次の旅については

行きたい所

メキシコ、グアテマラコスタリカ、コロンビア、エクアドル、インド、ネパール、エジプト、モロッコ

再訪したい所

ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ブラジル

 

欲を言えば「世界一周」なるものをしてみたいなと思います

 

期間は?

6か月から1年ほどでしょうか

せこい話ですが市民税のことを考えると年末に出発し再来年の新年に戻るのが良いのかなと考えたりしています

ただこれまでの旅行では4か月が最長で1年の旅行期間がどうなのかとも思います

 

予算は?

1年、とすれば

旅行実費:250万円

準備費:30万円

ローン他:80万円

税金他:30万円

帰国後生活費:100万円

 

ざっと500万円ですね

帰国後生活費については今の仕事であれば半分くらいでも大丈夫かなとも思っています

 

当初の予定では2020年末と考えていたのですが、今のペースで節約して貯金をしていけば2019年末にはなんとかなるかも

 

ただお金の問題だけではなく他にも考慮すべき事項はあるので何とも言えないですね

 

1年日本を離れるのが難しいようであれば期間の再考も必要かも

 

この1年はコツコツと貯金もできたので、来年の今頃の時点での貯金額で出発時期は判断できるかなと考えています

 

 

 

 

コロンビアでの凶報を聞いて。 無事に戻ることが何よりです。

世界一周の旅の中のコロンビアで強盗にあい命を落とした青年がニュースで報道されていました。

スマホタブレット等の電子機器を盗られ、犯人を追いかけ銃で撃たれた模様です。

 

泥棒、すり、置き引きなどにあっても犯人を追いかけたりしてはいけない、銃や刃物で返り討ちにあうのでとても危険だというのは海外では鉄則で、半年以上旅を続けていた彼も恐らくその事は知っていたと思うけど、反射的に体が動いてしまったのかもしれませんね。

 

海外で被害にあっても

犯人を捕まえようとして追いかける、証拠のために写真を撮る、大声を出す、などは絶対にしないでください。

 

スマホタブレットやカメラなどは海外旅行保険でカバーされます。

 

写真のデータは悔しいですよね、でも命があればまた行くことも出来るし、写真におさめた景色や友人たちはあなたの記憶にあるはずです。

 

 

私はサンパウロの東洋人街のマクドナルドで食事中に、10代前半の少年に金をせびられた際は、初めに30円、もっと出せというふうだったので300円ほど渡すと私の前から去りました。

彼が去った後、冷や汗でゾクッとしたの覚えています。

すぐにそのマクドナルドを立ち去りましたが、去り際にカウンターを見ると、彼はそのマクドナルドで注文していました。

 

この件もありブラジルは居るべきではないと思い、予定を変更しブラジルを去りました。

少し臆病すぎるかと思いましたが、しょせん「旅行」で危険をおかす必要もないと思い自身では納得しました。

 

 

旅行中の皆さんへ、

貴方の帰国を心待ちにしている親御さん、兄弟、友人などのことを心の片隅に置くようにしてください。

特に親御さんは笑顔で送り出してくれたかもしれませんが日々ずっと心配しているはずです。

 

どんなお土産、綺麗な写真なんかよりも無事に戻ることが何よりです。

 

 

最近事故で兄を亡くし、悲しみにくれる母を見るとつくづくそう思います。