読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

79日目 8月29日 サンタクルズトレッキング 1日目

6時過ぎにツアー会社が宿にピックアップ。

ツアー参加者を乗せたトヨタハイエースでトレッキングのスタートポイントへ.。

ユンガイの街を抜け山間の街へと進むが8時過ぎにとるはずの朝食に行く様子が無い。

予定していたレストランが閉まっていたとのこと。そんなことがあり得るのか?

 

9時30分過ぎに国立公園の事務所でチケットを買い、その時ガイドより、トレッキングのスタートポイントに10時30分に到着する予定なのでそこで朝食を用意していると説明があった。

 

綺麗な湖や6000メートル級の車窓からの絶景は今回の旅行でも秀逸なものだったが、スターティングポイントに着いたのは11時30分と説明の1時間遅れ。

f:id:peg-move:20160908055101j:plain

このツアー大丈夫なの?と不安は後程最悪の結果となるのですが。

 

12時過ぎにトレッキング開始の段になり荷物を運ぶロバが足りてないので2人のガイドの内1人は後から来ることに。

こういったトレッキングツアーのガイドは2人態勢で、先頭と最後尾に付き参加者をケアするのが通例なんだけど。

f:id:peg-move:20160908055219j:plain

今日は3500メートル地点から500メートルほど下り3700メートルの初日のキャンプサイトを目指します。

 

景色は雄大でこれまでペルーやアメリカでのトレッキングで見たそれを遥かに凌ぐ美しさでした。

トレッキングは急な登りも少なくウォーキングを10キロ程度できる僕程度の体力があれば大丈夫と思います。

 

3時前から雨がパラパラ、途中で僕たちを追い抜いたロバ達が運ぶ荷物に雨除けのカバーがされておらず大丈夫かと他の参加者と話をしました。

f:id:peg-move:20160908055348j:plain

5時頃からかなり雨脚が強くなり皆でキャンプサイドに急ぎ6時に到着するも、食事をとるためのテント、泊まるためのテントの設営も一切されておらず雨の中15分ほど震えながら待ちました。

 

テントの設営を終え、荷物を確認すると雨が降って皆で不安に感じていたことが現実に。

 

寝袋、マット他荷物全てに水がしみこんでおり、僕の寝袋は足のあたりがじっとりと水分が、マットの4分の1程度は水がべっとり。

 

皆でガイドにクレームをつけるも乾かす術はなく明日以降はゴミ袋を重ねてカバーすることを約束させるのが精一杯でした。

 

食事をとり21時過ぎにテントに入る寝ようとするも湿気を含んだ寝袋とマットはあまりに寒く寝ることができません。

眠りについたと思ったら足元など寝袋やマットの水分を含んだ部分の冷たさ、寒さが体を刺激して目が覚めてしまい、朝方の1~2時間くらいしから眠れませんでした。