読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

64日目 8月14ー2 ウユニにて最高のツアーガイドに出会った幸せ

サンライズツアーに続きデイツアー+サンセットツアー。

 

ツアーメンバーは日本人の若い男女とグアテマラ、メキシコの男性のグループとなりガイドはジョーという20代後半の男性。

 

列車の墓場に行、塩のホテルで昼食とここまではチリ抜けツアーと一緒です。

 

昼食の後まずはトリック写真のポイント行き各々が写真を撮っていると、ガイドのジョーが色々とアイデアを出してくれて面白い写真と動画が撮れました。

f:id:peg-move:20160819044230j:plain

チリ抜けツアーの際はあまり興味を持てなかったのですが、さすがに手慣れたガイドが撮ってくれた素晴らしい写真を見ると面白いものだなぁと思いました。

 

続いて鏡張り&サンセットのポイントへ。

ここでもガイドのジョーの大活躍により素晴らしい写真と動画が撮れました。

 

f:id:peg-move:20160819044252j:plain

旅行での写真と動画をどういうふうに思うかは人それぞれで、僕も今回の旅行では重たい一眼レフのカメラを持って行きながら以前の旅行ほど写真を撮っていません。

それはたくさん撮った写真を旅行から帰ってからほとんど見ないことに気が付いたからです。

 

でもここウユニに来る人たちは素晴らしい景色を見て楽しむと同時にそれを写真や動画でき記録して友人などに見てもらうというのも旅行に来た目的の一つだと思います。

 

トリック写真はコツがつかめないと簡単には上手に撮れないので、ガイドさんの役割がとても重要になります。

 

4年前に2回、そして今回2回と計4回ツアーに参加しましたが、今回のガイド、ジョーは最高のガイドでした。

 

旅行会社さんは、トリック写真の達人と行くウユニ塩湖~なんていう企画で売れば反響あるんじゃないかと思いました。

カメラマンさんと行く、というのはありましたがそれは少しマニアックなのとコストがかかると思うので、本当、旅行会社さんどうだろう?

 

トリック写真の多くはスマホで撮るのですが、ガイドのジョーによるとiphoneが良いそうです。

他のガイドさんも同様だと思うので、ウユニ行かれる方は5などの古いのでもいいので是非iphone持参をお勧めします。

 

19時15分にホダカに戻り預けていたバックをピックアップし急いでバス会社へ、19時30分に来るように言われていました。

で行ってみるとバスチケットを買ったのばハス会社ではなく旅行会社だったようで、電話をしてバスの座席を確定しチケットに座席番号を書き加えて渡されました。

20時30分発なのに19時30分に来いというのはおかしいと思ったんだけど、朝バタバタしてたので確認できませんでした。

 

バス会社はイルマニ?、6月下旬にラパスからウユニに来た時と同じバス会社で、カマで厚手のブランケットもあり問題ありあせんでした。

 

20時30分過ぎウユニに向け出発